眼科

眼科

緑内障
初期には自覚症状がなく、気がつかないことが多いため、40歳を過ぎたら定期的な検査が必要です。
長年、大学病院緑内障外来で培ってきた知識と経験を生かし、生涯良好な視機能を保てるよう、責任をもって治療にあたります。


糖尿病網膜症、その他 眼底疾患
糖尿病や高血圧など、お身体の病気に伴って目に変化が現れることがあるため、内科の先生とも連携をとりながら治療を進めてまいります。


ドライアイ、眼精疲労、白内障、その他 眼科疾患一般

眼科

同じ病気であっても、人によってお困りの症状はさまざまです。
お一人お一人の症状に耳を傾け、最も適した治療を受けて頂けるように心がけてまいります。

なお、当院で行えない検査や治療が必要となった場合には、適切な専門医へご紹介させていただき、常に連携をとってまいります。

※眼鏡やコンタクトレンズ処方についてもお気軽にご相談ください。


眼鏡やコンタクトレンズの処方

1日使い捨てや2週間使い捨てのソフトコンタクトレンズ及びハードコンタクトレンズの処方や眼鏡の処方を行っております。
また最近、コンタクトレンズにより目の不調を訴える患者様も増えておりますので、定期的な眼科検診をお勧めします。

当院併設/コンタクトレンズ取扱店のご紹介

・すみメディカル
・東京都目黒区五本木2-6-14
※各種コンタクトレンズメーカーの製品を取り扱っております。



医療機器のご紹介

ハンフリー自動視野計

ハンフリー自動視野計

静的な視野検査を行う機器です。
特に緑内障の早期発見に非常に有効です。


オートレフケラト/トノメータ

オートレフケラト/トノメータ

近視や遠視、乱視等の屈折値を測る検査や眼圧を測る検査が1台でできる医療機器です。


眼底カメラ

眼底カメラ

ファイリングシステムにより、撮影した眼底画像を時系列に迅速に取り出すことができますので、正確な診断に役立ちます。


ページのトップへ